Discover, Promote, and Share InfographicsAn open community to connect Designers, Brands and Media

Sign Up for Free

By signing up you are agreeing with infogra.me’s Terms of Use and Privacy Policy.

Member's Login

Select a Tag type and click on the image below:
Link icon
Text icon
Click and Draw to create a linked area:
Area icon
0a2ccb6e24d0238c251efb7e2542742c20140919 2 kqi2em
1

世界一大きな飛行機「エアバス」のことがよくわかるインフォグラフィック

【翻訳/抜粋】 The Air Bus A380. 世界で1番大きな飛行機、A380 がシンガポール航空からデビューしました。処女飛行で、乗客450人を乗せてシドニーからシンガポールへ向けて飛び立ちました。 スーパージャンボの着陸に備えて、シドニー航空は滑走路の幅を広げたり、地価トンネルの補強、A380用のデッキなど1億280万ドルを設備投資しました。 飛行機ひとつに騒ぎすぎだと思ってませんか? ・3100平方メートルの機体を持つA380に使われたペンキは3600L。  ミケランジェロが描いたシスティーナ礼拝堂の天井画が97回描ける量である。 ・機体の長さ72.7m=シロナガス鯨2匹分の大きさ ・機体の高さ24.1m=10階建てのビル=キリン5等分 ・オーストラリアの航空会社カンタスは、A380をもう20機注文している。  これにかかるコストは、グリーンランドのGDPの3倍、シドニーオペラ座の建設費の13倍である。 ・翼幅80m=オナガイヌワシ35匹=ライト兄弟の飛行機の2倍 ・機体の重さ580トン=象165匹=コンクリートトラック19台=ステーションワゴン362台=豚6373匹 ・A380は燃費がとてもよく、100kmなら、乗客1人につきたったの4.05Lの燃料ですむ一方で  TOYOTAのプリウスは100km4.7L、HummerのH2は25Lも必要とする。 ・A380は、他のジャンボジェットに比べて、乗客1人頭、17%の燃料使用削減に成功している。 ・CO2は、乗客1人頭75g以下に抑えることができる。
Read More