インフォグラフィックを世界に発信しよう!デザイナー・ブランド・メディアを繋げる世界最大のインフォグラフィックコミュニティー

無料登録

アカウントを作成することにより、infogra.meの 利用規約および 個人情報の取扱いプライバシーポリシー に同意したものとみなされます。

メンバー用ログイン

タグタイプを選択
Link icon
Text icon
リンク化したい範囲を選択してください。
Area icon
3810bd2bee11b94d678b6980adae6ab320140919 2 5l9yy2
0

「色とマーケティング」について勉強になるインフォグラフィック

【購買判断を左右しているのは値段だと思っていました。それが実は商品の色だったなんて!】 小売業者にとって商品を売るということは説得という名の芸術なのです。しかし、顧客を説得して買わせるにはたくさんの要素をクリアしなければいけません。最も効果的な方法は視覚に訴えること、つまり“色”を効果的に用いるということなのです。 ・新商品のマーケティングでは、パッケージと色に気を配ることが重要です。 93% 商品のパッケージ  6% パッケージの素材  1% 匂い、音 【色と消費者について】 色はデザインをする上で重要な役割を持っています。しかし、それが全てに当てはまるわけではありません。人々が持つ色への印象は、国によって違うのです。下記はアメリカのオンラインショップのデータです。 ・黄色…楽観的、若さを表す :ウィンドウショッピング者の注意を引くために使われることが多い ・赤…エネルギーを表す、心拍数を高める、衝動をかきたてる :セールの看板などに使われる ・青…安心感を与える、信頼感が増す :銀行はよく青色を使っています ・緑…幸福感を表す、目にやさしい色 :リラックスした雰囲気を作り出すことができる ・オレンジ…積極性を表す 何か行動を起こさせる色:購読などの契約で用いられる ・ピンク…ロマンティック、女性らしい色 :女性、若い女の子向けの商品に使われる ・黒…男らしさ、高級感のある色 :高価な商品に用いられる ・紫…落ち着き、道徳性を表す :アンチエイジング商品、化粧品に用いられる さらにそれぞれの色は消費者を引き付け、彼らの態度を変えることができるのです。 デザイン: ウェブサイトのデザインは消費者の購買意欲の要因になります。 ・42%は、ウェブサイトのデザインだけで購入するか否かを決めています。 ・52%は、信頼のおけるサイトでないと2度以上買い物をしません。 時間: 早さ、効率の良さ、利便性はショッピングサイトの信用性と大きな関係があります。ショッピングサイトが他の競合サイトよりも5秒遅いと大きな損失につながるのです。64%の消費者はウェブサイトが遅いために購入を思いとどまりました。 宣伝文句: 言葉には消費者の購買意欲を高める力があると信じています。60%の消費者は、“保障”というサインがついている商品を買う傾向があります。
もっと読む