インフォグラフィックを世界に発信しよう!デザイナー・ブランド・メディアを繋げる世界最大のインフォグラフィックコミュニティー

無料登録

メンバー用ログイン

タグタイプを選択
Link icon
Text icon
リンク化したい範囲を選択してください。
Area icon
Toilet paperinfographic
0

トイレットペーパーをどっちから引く?

トイレットペーパーを引くとき、下から引くか?上から引くか?という議論をインフォグラフィック化したものです。アメリカではこれが長い論争になっているそうで、このインフォグラフィックも、とにかく色々な角度からトイレットペーパーについて掘り下げています。議題であるペーパーの引き方についても真面目に図解化されています。

 

  1. アメリカで年間に消費されるトイレットペーパーの量は、地球を40周巻くことができる
  2. 最初にトイレットペーパーが使われたのは6世紀の中国。1857年にアメリカで現在のトイレットペーパーが発明された。1879年にロール型の大量生産が開始
  3. 50%の人が、トイレットペーパーを引く方向を気にしている
  4. 20%の人が、自分が思う向きになるようにトイレットペーパーを回転させたことがある。
  5. 平均的なアメリカ人は、年間30分はトイレットペーパーのふちを探している。これを解決する全国的な合意ができれば、国民ひとり当たり年間トイレットペーパー2ロール分の生産性向上が可能
  6. 5人に1人が、トイレットペーパーの向きが逆であることによって不快な気持ちになる。女性よりも男性の方がその傾向は強い。
  7. 上から引く人の割合:70%。メリットは、切り目がわかりやすい・壁を傷つけるリスクが少ない・端がわかりやすい
  8. 下から引く人の割合:30%。メリットは、地震などでロールが出てしまうリスクが少ない、猫や子供がロールを出してしまうリスクが少ない、見た目がきれい。
  9. 1996に、向きを自由に変えることができるパーツが発明されている
  10. Wikipediaのこの議論に関する文量は、イラク戦争に関する記述の2倍もある
もっと読む