インフォグラフィックを世界に発信しよう!デザイナー・ブランド・メディアを繋げる世界最大のインフォグラフィックコミュニティー

無料登録

アカウントを作成することにより、infogra.meの 利用規約および プライバシーポリシー に同意したものとみなされます。

メンバー用ログイン

タグタイプを選択
Link icon
Text icon
リンク化したい範囲を選択してください。
Area icon
Ski infographic 900
0

スキー&スノボの今昔

シーズンになると必ず話題になる、スキー場の経営難やスキー離れの問題。しかし実は、2012年ごろから利用客が前年より上回るスキー場がでてくるなど、回復の兆しも広がっているようです。

スキー人口のピークは1993年の1770万人(レジャー白書)。丁度「屋内スキー場ザウス」がオープンした年です。バブル景気経験世代にあたる40代~50代の男女に対してアンケート調査を行ったところ、78%もの人が「スキーもしくはスキーボードの経験がある」と回答した数字を見ても、当時いかに流行していたかを想像できます。

スキー人口だけを見てみると、1993年を境に人口は減り続け、2012年は560万人と3分の1まで減少してしまいました。しかし、「機会があれば今後スキー・スノーボードに行きたい」(56%)、「機会を作って必ず行きたい」(5%)と考えている人も実は多く、そのうち35%が「自分の子ども」と出かけたいと回答しました。

オンラインアンケートによると、スキー・スノーボードの経験者のうち、46%が最近5年以内はスキー・スノーボードに行ってないと回答していました。

1982年ごろに親に連れられて初めてスキーに行き、1999年ごろまではカップルで行っていたが、最近は子供が出来て家のコタツでインターネットを利用している風景が想像されます。

もっと読む